東京都品川区大崎にあるらーめん 平太周 五反田本店で特製らーめん 食べた

東京都品川区大崎にあるらーめん 平太周 五反田本店。

今回は新潟では無いのですが番外編的な感じで記事にしてみました。

 

こちらのお店はテレビで何度か紹介されているお店です。

背脂系ってやつで、新潟では珍しくありませんが東京では珍しいのかも

しれませんね。

 

さて、お店は「五反田本店」とありますが住所は大崎ですね。

五反田駅から徒歩7、8分といったところでしょうか。

五反田駅からは少し離れています。

東急線になりますが大崎小路駅から徒歩1分ですね。

遠くに人が何人か並んでいますが、そこがお店です。

 

 

近づいてみます。

私が入ったときは誰も並んでいませんでしたが

食べ終わって外に出たら並び始めていたので

本当にタイミングですね。

 

 

こんな感じですが待っている人の雰囲気は友人同士っぽですが

この後も続々と並び始めていました。

 

 

周辺見渡すと大正大学がありました。

 

 

お店を背にしてこちら方向が五反田駅です。

 

 

さて、そんないらない情報はさておき。

こちらがお店の正面です。

入った時はこんな感じで並ぶ人もいなく空いていました。

時間も昼ちょい過ぎくらいです。

 

 

店内入り口のすぐ右手側に券売機があります。

初めてなのでお店のオススメがある左上のボタンにある

 

「特製らーめん」900円

 

を選択。

因みにテレビでも何度か紹介されている右端の

爆盛油脂麺

Googleのクチコミを見ると

14時からの提供のようです。

 

中はカウンターのみ。

10席ちょっとくらいでしょうか。

食券を女性店員さんに渡すと

「お好みは?」

と聞かれます。

初めてなので全て「普通」としました。

食券機の上にも書いてありますがお好みとは

 

味の濃さ

スポンサーリンク

脂の量

にんにくの量

 

になります。

周囲を聞いてもこの好みは様々ですね。

「普通」という人が多かった感じもしますが

折角背脂系のお店というのもあってか脂多めにしているかたも

いましたね。

 

さて、提供されましたのがこちら。

先程も書きましたように、脂の量は「普通」です。

 

とは言ってもだるまやから始まって燕三条系など

新潟で一通り背脂系を食べて、食べ慣れているのもあってか

驚くものでもないかなと。

 

 

こちら、特製ということでチャーシューたくさんと

煮卵が入っていました。

麺は細麺ですね。

 

 

そしてチャーシューがかなり柔らかくて

味も染みこんでいて美味しいです。

上に少し映っているのが味玉でございます。

 

 

さて、こちらのらーめんですがおそらく

背脂らーめんが珍しいということで人気なのかなとは思いました。

冒頭にも書きましたが新潟で食べ慣れているのもあって

特に感動もありませんしもう1回食べたいというのもありませんでした。

どこかの味に似ているなと思って思い出したのが

新潟市西区の

 

らーめん源次郎

 

「けにじろう」に似ているかなと。味も麺の細さも。

厳しいことを言うと、新潟だったら勝負にならないというのが

感想です。

新潟のラーメンレベルが高いことを改めて体感しました。

もちろん背脂系の中でも美味しいと思いますし、

新潟のお店でも叶わないお店もありますが

行列出来てテレビで紹介されてという所が基準となると

うーんって思ってしまいました。

まだそんなに東京で多くのらーめん店に行っていませんが

有名店含めてリピートしたいと思ったお店は1,2軒程度ですね。

どこも至って普通なんですよね。。

新潟のらーめんレベル凄いですよ。

 

○らーめん平太周 五反田本店

ホームページはこちら

スポンサーリンク