新潟市西区小新西にある麺処遥かで背脂岩のりラーメン食べた

新潟市西区小新西にある麺処遙かのあるこの場所は知る限りですが

 

「なおじろう」→「Ramenおこじょ」→「麺処遙か」

 

とラーメン店の出入りがある場所です。

Ramenおこじょに訪問したのは2016年でその時はなおじろうの店主が

厨房にいた記憶があります。

そしてその時の記事にも記載したのですがラーメン通の情報では

なおじろうの店主(社長?)は燕三条系のらーめん店にいると当時聞いて

おりました。

 

そしてこの麺処遙かは燕三条系のラーメンを出すお店なので

もしかしたら「なおじろう」から繋がっているのかもしれませんね。

と思い「なおじろう」でググったら「なおじ」になっていますね。

なおじのHP

 

「なおじろう」は無かったことになっているのかな。

またはらーめん二郎(じろう)と掛けているようなネーミングが気になったのか。

以前は新潟で数店舗展開しており、新発田なんかは一瞬

なんでんかんでんやったりと美味しく面白いことをやっていた記憶があるのですが

今は首都圏展開が中心のようですね。

もしかしたら数年前のだるまや騒動のようなことがあったのかも

しれませんね。

まあ確かに味も・・・

 

さて、麺処遙かですが雪の降る中に行ってきました。

 

 

こちらの立地は駐車場だけネックですね。

お正月中というのもあって近隣のらーめん店もオープンしており

そこそこ人は入っていたのではないでしょうか。

 

 

こちらのお店もほぼ満車。

1台空いたらすぐに1台がタイミング良く入る感じでした。

 

 

私が店内に入ったときは見た目3組くらい並んでいました。

なおじろうの時から変わらないカウンター席と

テーブル席だった所がお座敷席になっていました。

厨房は男性1人、ホールは女性1名と混雑している中では

大変そうな雰囲気がありました。

男性はRamenおこじょで見た男性とは違いました。

 

15分くらい経って着席出来ましたが驚いたのは

店内で待たずに車で待っている客がいて、

「車に呼びに行ってきます」

と女性店員のかたが外に出て呼びにいったことです。

「車で待っているから呼びに来い」だったのか

「車で待っていてください呼びに行きますから」

だったのかは分かりませんがどちらであってもダメな対応ですね。

並んでいる立場からすると見えない客がいたことにイラッときました。

 

さて、注文は食券ではなくオーダーを聞きにきます。

メニューはこちら。

岩のり推しです。

光で見えなくなっているところは

・背脂ラーメン 750円

・背脂チャーシュー 970円

スポンサーリンク

 

です。

 

 

裏はトッピング関係です。

 

 

こんなのもありました。

単純計算で2杯注文するよりかなり安いですね。

 

 

初めてなのでお店の「推し」を注文してみました。

 

背脂岩のりラーメン

 

細麺か太麺が選べたので細麺にしてみました。

一部の常連さんっぽい人は脂の量や麺のかたさも注文してました。

が、家系のようにお店自体が標準で脂の量、麺のかたさ、味の濃さを

お客さんに聞いているなら別ですがそうでは無いお店でホールワンオペで

満員の中でこれは迷惑だろうなと思いました。

通なんだぜ、ってアピールしたい気持ちも分かりますが状況みろと。

牛丼店で「つゆだく」と言う客みたいなものですね。

 

こちらカウンター前。

メニューもそうですが手書きなのがいいですね。

心がこもっている感じします。

 

 

そして注文して10分くらいかな。

たいして待ちませんでした。

岩のりの主張。

 

 

細麺はこんな感じです。

普通の細麺です。

 

 

ちゃーしゅー

 

 

背脂はこんな感じ。

 

 

背脂を見るとかなりこってり感ありますが

実は見た目ほどのこってり感はなく、どちらかと言うとあっさりしています。

スープも全部飲み干せるくらいでした。

(飲み干しませんでしたけど、、どうしても罪悪感が。。)

写真は普通盛りになりますがガッツリ食べたい男性は

大盛でも良いかもしれません。

または「はるかデラックス」とか。

このあっさり感だとちょっとお腹が減っているくらいなら

2杯分は食べれます。

 

本場のこってり燕三条系を求めているかただと物足りなさはあるのかなと思いました。

因みにお会計はペイペイとメルペイが使えます。

お会計が終わって帰り際に女性店員のかたが

 

「お待たせしてしまいすいませんでした」

 

と。

この忙しい時に一言これを言えるのは素晴らしいなぁと思いました。

心のこもったサービスをされているのだなと改めて思いました。

おしまい。

 

○麺処遙か
新潟市西区小新西3丁目3−1

スポンサーリンク