村上市に行ってきたので美味しいお店はないかと食べログで探していました。

そういえば、いつだったかの新潟サンデー一番プラスでやきそばの

以前訪問した村上市安良町のなべなかさんが紹介されていました。

私はソースも何もかけずにそのまま食べたのですが、、

本当はソースを自分好みでかけるものだったんだと今さらながら気づきました。。

でも、そのままで美味しくいただけましたけどね。。

さて、そんな村上市にまた行く機会があったので色々と探していたら

美味しそうなラーメン店を発見しました。

実は、1ヶ月前くらいにも行こうと思ったのですが

お店の前を通ったら結構な人が並んでいたので止めました。

13時過ぎだったのですがお客さんが並んでいた記憶があります。

スポンサーリンク

そして、今回は多少並ぶ覚悟をもって行こうと決めました。

若干迷いながら到着できたのですが、お店の前に誰も並んでいませんでした。

安心しつつも定休日かもな~なんて思いながら裏にある駐車場に向かいました。

駐車場も空いています。

 

 

車を停めてお店に向かいます。

その途中に製麺所がありました。自家製なんですね。

これだけでも美味しそうな雰囲気があります。

 

 

なにせ、先回の混雑見ているので味は確かだろうと思っていたので

期待がまします。

何より、定休日じゃなければ良いなと思っていましたが大丈夫でした。

看板が出ています。と言いますか、明かりがついています。

 

 

入り口にはメニューもあります。

 

 

そして店内に入ると先ずは右手に食券機があります。

先ほどの看板のメニュー通りです。

ここで選択したのは折角なので

 

あっさり煮干ししょうゆ チャーシュー

 

食券を買うと、カウンターの場所を決めてくれて「どうぞ」と。

店内はカウンターのみでコの字になっています。

お客さんは5人ほどで席には余裕があります。

時間は12時30分過ぎです。

この前の混雑は何だったのか・・・今日は天候も悪いので

たまたま空いているのか・・・不思議でした。

お店は男性の店主と女性のお二人です。

 

カウンターにはスープなどの紹介があります。

喜び飯が美味しそう・・・

スープのこだわりもわかります。

スポンサーリンク

 

こちらも麺とスープのこだわりがわかります。

来るときに通りかかった製麺所でこのこだわるの麺がつくられているんですね。

そして水にもこだわっています。

 

 

このようなことを記載してお客さんに明示するのって自信があるからですよね。

目の前で調理もしていますので、説得力もあります。

一方でお客さんからすると、これを読むだけで美味しいと洗脳されるので

美味しい効果が何も読まないよりは膨らみます。

これだけのものが美味しくないわけがない、って思うわけですね。

 

そして、その自信のある麺がこちら。

チャーシューたくさんです。

スープはあっさりかな・・・濃厚でありながらあっさりという

何とも表現しづらい美味しさです。

 

 

こちらが自家製麺。

ちなみに大盛りにしましたが、本当に大盛りというのが良心的です。

最近は「大盛り無料」とうたっていても、いたって普通の量というお店も多くあります。

「大盛無料」って客寄せのテクニックですしね。

そしてこの麺が細麺ですがコシがあって美味しいです。

 

 

チャーシューのバラも入っています。

全部で3種類のちゃーしゅーかな。

 

 

メンマも太くてボリュームあります。

 

 

ということで全部食べるころには

スープもちょうど良いくらいに減っています。

このバランスが絶妙です。

とても美味しく頂きました。

次回は塩を食べてみたいなって思いました☆

 

○喜びラーメン 小太喜屋
村上市塩町6−28

スポンサーリンク