渋谷にある長岡生姜ラーメンしょうがの湯で生姜ラーメン食べてみた

東京都渋谷区渋谷3丁目に「しゅうがの湯」という

長岡生姜醤油のラーメン店を見つけたので入ってみました。

通りかかったらたまたま見つけた「長岡」の文字。

のれんに「昭和32年新潟長岡発祥」とあったので

長岡のお店の系列なのかなと思ってググってみましたが

特に見当たらず。

生姜ラーメンが昭和32年に発祥したという意味かもしれません。

スポンサーリンク

お店は明治通り沿いです。

看板がでかい・・・

 

表にはラーメンの画像も。

種類が豊富にあります。

青島食堂を始め、長岡で生姜ラーメンはそこそこ食べたこと

あるのですが生姜の白黒やワンタンが入っているのは

初めて見ました。

 

折角なのでどんなものか食べてみようと思い

入りました。

先ずは券売機です。

ラーメンの画像が付いているのはとても親切です。

長岡のラーメン基準で言えば、第一印象は「高い」でした。。

まあ、場所が場所だけに仕方ないですね。

店内はカウンターのみの席で、お昼頃通った時は

割と満席に近かったと思います。

少し時間をずらしたら空いていました。

店員さんはお一人だけでした。(店主さんかな)

お客さんが相当数来た後なのか

バタバタの後の雰囲気が感じられました。

お水のコップが無かったり、ティッシュが無くなっていたりと。

それはさておき。

今回注文したのは「黒生姜ラーメン」です。

スポンサーリンク

やはり青島食堂を始めとした長岡生姜ラーメンとは

見た目が少し違うかなと。

チャーシューはこんな感じで薄切りですよね。

スープの色が少し薄いのかな。

麺はこんな感じです。

カウンターには生姜を始めとした調味料があります。

トッピングも写真付きです。

麺を食べてスープを少し飲んでいたのですが

底に生姜がたまっていたので濃い目の生姜醤油のスープを

飲むことも出来ました。

こちらのお店単体のラーメンの感想としては美味しいと思います。

長岡の生姜醤油ラーメンと比較するとちょっとお洒落になっているのかなと

いう感じがしました。

秋葉原の青島食堂は行ったことありませんが、

かなり人気みたいです。

新潟に居ると当たり前に食べていますが

東京と言いますか関東圏だと珍しいのでしょうね。

総じて新潟のラーメンのレベルは高いと思いました。

○長岡生姜ラーメンしょうがの湯
東京都渋谷区渋谷3丁目10−12

スポンサーリンク