燕市にある鬼にぼで鬼にぼらーめん食べた

三条市と思いきや燕市にある「中華そば鬼にぼ」

お店の名前通り、鬼のようなにぼしらーめん・・・

分かりやすい名前です。

目立つ看板が出ているのですぐにわかります。

 

 

場所は燕三条インターをおりて、イオン方面に向かいます。

イオンを右手に見ながら直進。

左手にセブンイレブンがあるところを

左折。

スポンサーリンク

そこを吉田方面に向かって左手に看板が見えてきます。

以前に行った時は駐車場はいっぱいでしたが

本日はまあまあ空いていました。

 

入り口はこんな感じでちょっとお洒落です。

 

 

入り口を入るとすぐに食券機があります。

 

 

写真も貼ってありますが、待っている人がいると

ゆっくりは見ていられないです。

 

 

食券を買って店内に入ると、

外観もそうですがラーメン店っぽくなく

カフェのような雰囲気です。

 

カウンターからテーブル、座敷とありますが

カフェにあるようないす、テーブルが変則的におかれています。

そしてメニューが。

にぼし系ばかりかと思いきや色々な種類があります。

 

 

鬼にぼ、鬼にぼ極みがあります。

極みはどうやらすぐには食べれないようです。

何か基準があるのでしょう。

 

 

担々麺や五目も

スポンサーリンク

 

で、と発見したこの写真。

どうやら昔のなおじの社長さんがやっているお店のようです。

そういえば、「三条でラーメン店をやっているらしい」と

聞いたことがあったので、こちらのお店だったとは・・・

新潟市西区のおこじょだけだと思っていました。

着々と復活してきていますね。

 

 

そして、こちらが

 

鬼にぼらーめん

 

「にぼし」なのでてっきりあっさり系かと思いきや

濃厚なスープです。

 

濃厚煮干しスープ

 

 

そしてちゃーしゅーがしっかりと3つも。

味も染みこんでいて美味しいちゃーしゅーです。

 

 

燕ということであっさりではなく

あえてこってり系のにぼしスープなのかもしれません。

 

食べたことがありそうで無い味かなと。

美味しいか・・というと、、まあ、美味しいです。

こってり系って何日か経つと「また食べたい」と思うので

もう一度食べたいと思うかは数日経過後かなと。

ちなみに、こちらが以前に食べた

 

麻婆麺

 

 

こちらもなかなか濃厚な麻婆麺でした。

 

 

メニューや食券機を見て頂くと分かりますが

1つのスープに特化したお店ではなく

幅広い層のお客さんを取り込めるような構成になっていますね。

店内には1人で食べているおばあちゃんもいましたし

 

「ラーメン店じゃないようだね」

 

と会話しているカップルもいました。

土地柄1種類に特化するよりはこのような展開のほうが

お客さんを呼び込めるのかなと思いつつ

次は五目うま煮そば食べたいなーって思いました。

 

○鬼にぼ

新潟県燕市 井土巻2-18

スポンサーリンク