新和にある東華楼でランチした

中央区新和にある東華楼。

以前は清水フードだったお店も

「ピアレマート」なるものに変わっていました。

 

この東華楼というお店は昔はもっと店舗が

あったような・・・それも清水フードの中にも

入っていたような記憶があります。

スポンサーリンク

そう思って調べてみると

1946年創業ということだったので、

お店の数が減っただけで昔からある

お店なんですね。

 

20160215_061118433_iOS

 

幼き頃のイメージでは本格的な中華のお店

というよりは誰でも入りやすい中華のお店、

と言いますかラーメンが食べられるお店という

ものでした。

 

さて、そんな数十年振りに入ってみた

東華楼さん。

 

20160215_060250580_iOS

 

お昼を大幅にずらした時間です。

平日というのもあり、空いていましたので

好きなお席に。

 

昔のイメージと違って上品なお店だな

という感じがしました。

 

20160215_054439000_iOS

 

本格中華のお店という感じになっています。

 

20160215_060052000_iOS

 

そしてランチメニューがやはり

お得ですね。(平日限定ですが)

20160215_054324000_iOS

スポンサーリンク

 

ちょっと見にくいですが

定番のメニュー。

 

20160215_054304000_iOS

 

因みに麺は北海道産の小麦の

「春よ恋」を使っているそうです。

 

「春よ恋」が良く分からないので調べたら

春蒔きで栽培されている品種だそうです。

うどん用などの中力粉が多い国産小麦のなかで、数少ない強力粉である。

国産高級小麦の「ハルユタカ」より改良されて作られた品種

とのことです。

 

20160215_060035000_iOS

さて、今回注文したのは

五目ラーメンの炒飯セット。

 

こちらが五目ラーメン。

うずらの卵、えび、いか、白菜、、にんじん、竹の子と

定番の材料が入っていて

美味しいです。

 

20160215_055129000_iOS

 

「春よ恋」の小麦を使った麺がこちら。

細麺です。

 

20160215_055727000_iOS

 

そして炒飯がこちら。

中華店の炒飯は上品で美味しいです。

 

20160215_054746000_iOS

 

ラーメンは特に

ラーメン専門店で食べるものとは違いますよね

中華のお店で食べるのは。

 

立地がここなので

お客さんはお母さん、お父さんが来ていました。

店内も広くて入りやすいお店でした。

 

でも私は清水フード内のテナントで

入っていたほうが雰囲気は好きでした。

あの入りやすさも好きでしたからね★

 

○東華楼新和店

新潟市中央区新和1丁目7−17

スポンサーリンク