今日の話しです。

19時30分過ぎかな、原信南万代店の奥の方で

某国(アジア系ではないです)の

髭(もみあげから顎につながる感じ)

を生やした男性外人が

原信の店員さん(結構年配な方なので定年後のパートかな)に

スマホを向けながら色々と文句を言ってました。

スポンサーリンク

店員を謝罪させている姿を動画で撮影していた

バカがいましたが、あんな感じです。

 

内容は断片的でしたが

 

「差別」

「触った」

 

という単語が聞こえました。

その外人の背後には日本人であろう女性、

そして小学生になるかならないかくらいの

男の子。

要するに家族連れだったわけです。

 

最初は、「触った」という単語が聞こえたので

店員さんが奥さんに触れてしまって

それを旦那さんが怒って騒いでいるのかと

思いました。

(それでもどうかと思いますが)

 

その後ヒートアップして声も大きくなっていき

「差別」という単語が聞こえました。

場所はお肉売り場近くです。

 

勝手な想像ですが、

店員さんは品出しなどをしていた。

そこに外人である男性が商品に触れて戻した。

たまたま品出しの男性は業務として

その外人が手に取った商品を下げようとしたか、

違う位置に配置しようとした。

それを見た外人は

「私が触ったものだからだろう!!」

となったのではないかなと思いました。

 

さすがにずっと見ているのも巻き込まれそうな

雰囲気もありましたし、すぐに終わるだろうと思って

その場からは離れました。

 

しかし、、

 

しばらくするとその外人が大きな声をあげて

 

「差別ダメだよ!」

「レイシスト許さないよ!」

「文句ある人いるか!!」

 

と大きな怒鳴り声をあげて

原信店内全員に対してであろう勢いで

怒鳴って出て行きました。

その後を無言でついていく奥さんであろう人。

これはこれで不気味でしたけどね。

 

その後外を出たら警察が到着していて

その男性を「営業妨害」で取り押さえようと

していましたが、外人はすでに車に乗り込み

警察の制止を振り切って駐車場を後にしました。

警察に対しても何かをわめき散らしてましたし、

スポンサーリンク

警官が制止しても車で警官にぶつける勢いでした。

 

警察も追うのを一瞬諦めていましたが

店員さんが出てきて

 

「殴っていました。私みました」

 

と警察に言うと道路に出た外人の車を

走って追いかけました。

八千代大橋方向に向けて信号で止まっていて

警官が制止しようとしていましたが

無視して逃走。

車種もナンバーも控えているでしょうから

すぐに捕まるでしょうけどね。

 

怒鳴るだけではなく

暴行まで加えていたとは驚きました。

先ほども書きましたが奥さんはおそらく日本人です。

おとなしそうな印象ではありましたが

一言も発せず、旦那の後をただついていく。

警察が止めても旦那を制止して止めることなく

一緒に逃亡。

どんな家族なのか不思議に思いました。

 

ところで、

 

浮気性な人ほど彼女、彼氏、旦那、奥さんの

浮気を心配します。

仕事をサボる上司ほど部下に対して

仕事をサボっているのではないか、

という疑いの目で見ます。

 

差別をする人ほど、

自分が差別をされているのでないか、

と疑います。

差別をしない人は露骨な差別がない限り

差別されているなんて思いません。

そんな思考がないわけですから。

 

あの場にいた人の多くは

 

「あの外人、怖い」

 

という印象しか持たなかったでしょう。

そしてどこの国かは勝手に想像します。

その結果、あの風貌の外人、

違うかもしれないのに想像したその国

には気をつけなければいけない

関わらないほうがいい、

という印象を持ったことでしょう。

 

あの外人が取った行動は

少なくともそこに居た日本人に対しては

差別を助長する行動でしか

なかったわけです。

 

店内にはお国が違う外国人の方もいました。

外国人、というくくりで一緒にされたくない

と思ったでしょうし、とても嫌な気持ちに

なったのではないかなと思いました。

 

しかし、日本語で文句を言っていた

こと、車も外車だったこと、

そして家族もいることを考えると

新潟においてもそれなりの仕事を

している人なのでしょう。

 

小柄でご年配の日本人に対してだから

取れた行動なのか、相手が

マイクタイソンであっても同じ行動が

取れたのか。

 

前者だったら差別ですね。

スポンサーリンク