タバコのポイ捨て

この日は気温もかなり低く、新潟市内でもあられ混じりの雨が降った時もありました。

そんな寒くなり始めた中、新潟駅南側の笹出線沿いからその周辺を車ではしって

いたのですが、、タバコのポイ捨て、くわえタバコをしている男性を3人みかけました。

これ、1日で3人という広い時間ではなく、20分くらいの中で3人です。

イラッときたので、撮影してみました。

電柱がたまたま顔を隠していますが、あくまで「たまたま」です。

 

 

この写真では分かりにくいと思いますが

この電柱の左横にあるのがポイ捨てさらたタバコです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

で、こいつは20代後半くらいかな。

何の抵抗もなく自転車の乗りながら地面に捨てていました。

というか、歩きタバコではなく自転車に乗りながら吸っていたわけですね。

 

歩きたばこがエリアによっては罰金が科せられる時代の中で

平然と捨てられる神経が分からないなと。

ちなみにこの場所、

比較的渋滞もしやすいですし、信号のある交差点です。

見ているかどうかは別としても、車からの人目ってあるわけです。

世の中には

 

「こんなことする??」

 

という犯罪者っています。

 

犯罪者って犯罪だと分かってやっています。

よって多くは見つからないように行動します。

 

ですが、、今日見たポイ捨ての2人は

全く悪いと思っていない行動でした。

悪いことをしている、と思っていれば

こそこそ捨てたり、人目があるところでは歩きたばこも

しないわけです。

 

悪いと思わずに平然とこういうことが出来るヤツっていうのは

犯罪者予備軍です。(ポイ捨て自体も既に・・・)

 

ちなみに、ポイ捨てのもう1人は

笹口のすき家の前でした。歩きたばこをしていて、

すき家の店の横に平然とポイ捨てして店内に入っていきました。

こいつも20代後半らしき男。

同じく車はそこそこいたので、周辺の目はあったわけです。

 

で、あと一人は笹井線の信号無いところをくわえタバコしながら

平然と横切っていった男。こいつも同じくらいの年齢です。

捨てたところまでは見ていませんが、周辺環境と行動から考えると

捨てる場所ないかなと。

 

このペースで平然とタバコのポイ捨てや

歩きタバコをしている人がいるってことは

ほかにもたくさんいるのでしょう。

 

こういう輩が間違って親になると

 

「パパは道にゴミを捨てている。ゴミは道に捨てていい」

となっていくわけですからね、、負の連鎖ですね~。

 

スポンサーリンク